WEB予約

WEB
予約

LINE予約

LINE
予約

シミ(老人性色素斑、脂漏性角化症、肝斑)の治療

シミの種類

老人性色素斑(シミ)

ろうじんせいしきそはん

老人性色素斑(シミ)のイラストです。 老人性色素斑(シミ)のイラストです。 老人性色素斑は、通常、「しみ」と呼んでいるものです。
加齢による変化によって出現します。
紫外線にあたることが蓄積して生じます。
通常、50歳、60歳以降に生じます。
紫外線の感受性が高い場合や、または、紫外線以外が原因となることもあり、
20歳代から認める場合もあります。
紫外線にあたることの多い、頬部(ほほ)や前腕・手の甲などにできます。
紫外線にあたらない部位に、生じることもあります。
通常、頬部(ほほ)の左右どちらかから出現し、数が増えてくると反対側にも認めるようになります。
数は、最初は少なく、経過により、増えていきます。
はじめは薄い茶色ですが、色が比較的濃くなるのが特徴です。
レーザー治療により、良好な結果が得られます。

主に使用するレーザー装置
「ピコ秒レーザー」キャンデラ PicoWay
平均的な治療回数
1回(まれに2回)
治療間隔
2回目を行う場合は、2~3ヵ月以降

脂漏性角化症(隆起のあるシミ)

しろうせいかくかしょう

角質が厚くなって隆起したシミを、脂漏性角化症、もしくは、老人性疣贅(ゆうぜい)と呼んでいます。
加齢による変化によって出現します。
隆起部分を「CO2レーザー」で削り、残った色を「ピコ秒レーザー」で処理します。
「老人性色素斑」と別の名称が付いていますが、「老人性色素斑」に連続してできるものです。
レーザー治療により、良好な結果が得られます。

主に使用するレーザー装置
「CO2 レーザー」キャンデラ コア CO2RE(削るレーザー)
「ピコ秒レーザー」キャンデラ PicoWay(色を取るレーザー)
平均的な治療回数
1回(まれに2回)
治療間隔
2回目を行う場合は、2~3ヵ月以降

肝斑(両頬の色の薄いシミ)

かんぱん

老人性色素斑(シミ)のイラストです。 両側の頬部(ほほ)の目の下から外側にかけて、色のうすい色素斑が多数できるものです。
体質的な内部の要因により生じます。
女性ホルモンのバランスの乱れが原因とされています。
20歳、30歳くらいから、生じます。
肝斑に「レーザー治療(高い出力のレーザー治療)」をすると一時的に濃くなってしまいます。
1~2年、経過をみると色は戻りますが、肝斑のある状態にしか戻らず、肝斑は改善しません。
「レーザー治療(高い出力のレーザー治療)」は、「効果がない」ではなく、「行ってはいけない」とされています。
肝斑の治療の第1選択は、くすり(主に外用薬)による治療です。
加えて、弱いレーザー治療(ピコ トーニング)を行うこともあります。
肝斑の中にある濃い色素斑は、老人性色素斑が併発している場合があり、レーザー治療により改善できる場合があります。テスト治療から開始します。

老人性色素斑(シミ)のイラストです。

使用機器

ピコ秒レーザー

当院では、「ピコ秒レーザー」キャンデラPicoWayを採用しています。
照射時間が、ピコ秒(10-12秒、1兆分の1秒)単位のレーザーを「ピコ秒レーザー」と言います。
これまでは、照射時間が、ナノ秒(10-9秒)単位の「Qスイッチレーザー」が主流でした。
照射時間を短くして、ピークの照射出力を上げると、副作用の少ない皮膚の深くまで届く治療が可能となります。技術の進歩により、「ピコ秒レーザー」が登場しました。
当院では、最新の「ピコ秒レーザー」を導入しています。

作用機序として、「Qスイッチレーザー」は、光熱作用(レーザーの熱によりあざを破壊する。)が主体でしたが、「ピコ秒レーザー」は、加えて、光音響作用(レーザーの力学的作用により破壊する。)が加わりました。
短い時間に高い出力のエネルギーを加えることにより色素に機械的なひずみを生じさせて破壊します。

副作用の原因となる皮下の空胞化形成(皮膚の下に空洞ができること)が少なく、痂皮(かさぶた)ができにくいため、従来と同等かそれ以上の効果のある治療が、少ない副作用、ダウンタイムで可能となっています。
痂皮形成のない治療で、より良い効果を出せるようになりました。強いレーザー治療では、痂皮はできますが、従来の治療より、痂皮のできかたは弱いです。

ピコ秒レーザーの写真です。
色素疾患治療用レーザー装置の写真です。

色素疾患治療用レーザー装置

キャンデラ PicoWay(シネロン・キャンデラ株式会社)
ピコセカンド KTP/Nd:YAGレーザー


▶︎ 波長(パルス幅)

532nm(294ps)、1,064nm(339ps)、730nm(246ps)

▶︎ フラクショナルハンドピース

Resolve Fusion 532nm(294ps)フラクショナルハンドピース

色素疾患治療用レーザー装置の写真です。

シミの治療と料金

レーザー治療(高い出力のレーザー治療)

レーザー治療 キャンデラ PicoWay

シミに、レーザーを高出力照射することにより、シミを破壊します。
痂皮(かさぶた)を生じます。
顔面は1週間で、前腕・手の甲など、顔面以外は10日間から2週間で、かさぶたははがれます。
その間、保護用テープ、または、ガーゼの貼付が必要になります。
ダウンタイムのある治療法ですが、通常1回(まれに2回)の治療でシミの除去ができる確実な治療法です。
当院では、このレーザー治療を第1にお勧めしています。

老人性色素斑(シミ)の治療には、いくつかの方法があります。いわゆる「レーザー治療(高い出力のレーザー治療)」の他に、ダウンタイムがほとんどない「ピコトーニング」、ダウンタイムの少ない「ピコトリプル」、「ピコフラクショナル」、「レーザーフェイシャル」などがあります。
当院では、ダウンタイムはありますが、治療効果の確実な、「レーザー治療(高い出力のレーザー治療)」をお勧めしています。

他院での「ピコトーニング」や「ピコフラクショナル」で、シミが思うように取れていない。
「ピコスポット」とくに「シミ取り放題」で、シミが残っているという方は、是非、当院での治療をお試しください。
「ピコスポット」と、一言で言っても、照射条件には大きな違いがあります。効果と副作用を見極めながら条件設定をしないとシミは取れません。
控えめな条件では、シミは取れません。

当院での治療は、以下の手順を踏みます。段階を経て、シミを治療します。
いきなり「シミ取り放題」はしません。

レーザー治療は、副作用として、色素沈着、色素脱失等を生じる場合があります。副作用には個人差がありますので、はじめは、いちばん濃い部分の小面積のみを治療します。
結果を確認し、問題ないようでしたら、そのほかの濃いシミ、さらに、顔面全体の薄いシミへと進めます。
効果、副作用を確認しながら、しっかりとした治療を行います。

面積の小さいものは、面積料金で対応しますが、面積の大きい場合には、上限料金を設定しています。
顔面全体のシミを、上限料金で治療することができます。
治療は、治療開始から6ヵ月以内であれば、分割治療可能です。
はじめは、小さい範囲を面積料金で治療し、上限料金の範囲に移行するときは、差額でお受けします。

治療料金

老人性色素斑・脂漏性角化症

レーザー治療(高い出力のレーザー治療) キャンデラ PicoWay
[ピコ秒Nd-YAG レーザー]

1cm2まで
¥11,000
以降、1cm2ごとに
¥11,000

1回の治療費です。
直径5mm以下のシミは、直径5mmとして、計算させていただきます。
直径5mm以下のシミは、5個で、1cm2、¥11,000です。

上限料金(6ヵ月以内、分割治療可能です。)

顔面全体のシミ
¥88,000

医学的に治療の適応のあるものに限ります。

別途、再診料、投薬料等が必要です。麻酔料は、治療費に含まれます。

肝斑の外用療法

肝斑の治療の第1選択は、くすり(主として外用薬)による治療です。

ビタミン C・ローション、ハイドロキノン・クリーム、日焼け止めを外用します。
効果は、投薬中は認めますが、使用を中止すると後戻りします。
効果の持続には、継続した使用が必要です。
ハイドロキノンは、継続使用により、効果が減弱することがあります。休薬により効果は回復します。
ハイドロキノン使用中は、日焼け止めの併用が必要になります。ハイドロキノンは、シミの原因になるメラニンのはたらきを抑えます。
ハイドロキノンは、メラニンの紫外線からの防御作用も抑えてしまうため、日焼け止めの使用が必要です。

治療料金

外用

ビタミン C・ローション(グラファ C10 ローション)
¥3,300
ハイドロキノン・クリーム(グラファ メラノキュア HQ)
¥2,200
日焼け止め(グラファ サンプロテクト UV)
¥1,980

ピコ トリプル

ピコ トリプル《キャンデラ PicoWay トリプル》

ピコ秒レーザーによる全顔治療です。
シミ、ソバカス、肝斑に対するダウンタイムの少ない全顔治療です。
ダウンタイムの少ない治療の中で、1番にお勧めする治療です。

ピコトリプル等、ダウンタイムの少ない治療は、シミを改善(薄くする)する治療です。
シミを完全に除去することはできません。
シミの除去を希望される場合は、レーザー治療(高い出力のレーザー治療)の選択が必要です。

ガーゼ、テープの貼付は必要ありません。
当日より、洗顔、お化粧が可能です。
お仕事等で、ダウンタイムは絶対不可という方もいらっしゃると思います。
そのような方にお勧めするテープ不要、お化粧可能な治療です。
「レーザー治療」を終了した後の、良い状態のメンテナンスにもお勧めします。

レーザー機器のトップメーカー、米国キャンデラ社のピコ秒レーザーPicoWayを使用します。
世界最短パルス幅を誇るキャンデラ社のPicoWayだけで実現できる治療です。
他社のピコ秒レーザーで行う「ピコトリプル」とは異なります。
3種類の特別なハンドピースを使用します。
3種類の波長のレーザーを、3種類の照射方法で照射します。
1か月間隔で、3回程度の照射で、改善を確認できます。
皮膚への負担が少ないので、継続して治療することも可能です。
ダウンタイムの少ない治療で、治療後に発赤を生じますが、通常、痂皮形成はありません。
ガーゼ、テープは不要で、洗顔、お化粧は、当日より可能です。

照射 1

波長730nmのレーザーで、全顔面をスポット照射します。
波長730nmは、キャンデラ独自の波長で、「かさぶたのできない」治療ができます。
世界最短パルス幅、照射時間246ピコ秒で、かさぶたのできない「強い」治療ができます。
他社の他のハンドピースによる「弱い」照射とは異なります。
肝斑部分には照射しませんが、肝斑内の濃い色素斑には照射します。

波長730nmのハンドピースの写真です。

照射 2

波長1064nmのレーザーで、弱い出力で面照射します。
「ピコ トーニング」と呼ばれる照射方法です。
肝斑部位にも照射可能です。
色素を破壊するのではなく、排出の促進をします。

波長1064nmのハンドピースの写真です。

照射 3

波長532 nmのResolve Fusion ハンドピースで、フラクショナル照射します。
「ピコ フラクショナル」と呼ばれる照射方法です。
シミに効果の最も強い波長 532nmのキャンデラ社独自のフラクショナルハンドピースで、シミの改善効果のあるフラクショナル照射をします。
リジュビネーション(若返り)にも効果があります。
ピコ フラクショナル Resolve Fusion 532nm は、シミの治療を主目的にするフラクショナル治療です。

波長532nmのResolve Fusionハンドピースの写真です。

波長730nmのハンドピース、波長532nmの Resolve Fusion ハンドピースは、キャンデラ PicoWay だけにあるもので、他のピコ秒レーザーでは、この治療はできません。
いずれも、シミへの効果で、日本の国内薬事承認を取得している安心の機器です。

治療料金

ピコ トリプル《キャンデラ PicoWay トリプル》
[ピコ秒Nd-YAG レーザー]

1回 顔面全体
¥33,000

別途、再診料、投薬料等が必要です。麻酔は、必要ありません。
院長小林正弘による施術です。

ピコ トーニング

ピコ トーニング キャンデラ PicoWay

肝斑にも照射できる治療です。

肝斑の治療の第1選択は、くすり(外用と内服)による治療です。
くすり(外用、内服)に加えて、照射することができます。

肝斑、くすみ、細かい色素斑(シミ、そばかす)を対象に、「ピコ秒レーザー」を1064nmの波長で、弱く照射します。
色素を破壊するのではなく、排出を促進する治療です。
くすりは、色素の生成を抑えるはたらきをします。
異なる機序で、肝斑を抑えます。
ダウンタイムがほとんどない治療です。

治療料金

ピコ トーニング キャンデラ PicoWay
[ピコ秒Nd-YAG レーザー]

1回 顔面全体
¥16,500
1回 両頬部のみ
¥11,000

別途、再診料、投薬料等が必要です。麻酔は、必要ありません。
院長小林正弘による施術です。

ピコ フラクショナル

ピコ フラクショナル キャンデラ PicoWay Resolve Fusion 532nm

くすみ、細かい色素斑(シミ、そばかす)を対象に、「ピコ秒レーザー」をフラクショナルハンドピース、Resolve Fusion 532nmを使用して、フラクショナル照射します。
フラクショナル照射とは、レーザーを面でなく、点の集合として照射する方法です。
ダウンタイムの少ない治療です。
全顔色調改善に効果があります。
リジュビネーション効果もあります。

ピコ フラクショナル Resolve Fusion 532nmは、シミの治療を主目的にする治療です。
ピコ フラクショナル Resolve 1064nm(真皮モデリング、肌質改善、毛穴改善)とは異なります。

治療料金

ピコ フラクショナル キャンデラ PicoWay Resolve Fusion 532nm
[フラクショナル ピコ秒Nd-YAG レーザー]

1回 顔面全体
¥22,000
ピコ トーニングと同日照射の場合 1回 顔面全体
¥16,500

別途、再診料、投薬料等が必要です。麻酔は、必要ありません。
院長小林正弘による施術です。

レーザー フェイシャル

レーザー フェイシャル キャンデラ GentleMax Pro Plus

キャンデラ GentleMax Pro Plusによる、シミ、そばかすに対する全顔治療です。
ダウンタイムの少ない治療です。
キャンデラ GentleMax Pro Plus は、脱毛と色素疾患に効果のあるレーザーです。
シミ、そばかすに対する効果に加えて、うぶ毛の脱毛に効果があります。
アクティブなにきびに対しても効果があります。
ピコ トリプル《キャンデラ PicoWay トリプル》と並ぶ、全顔治療のもう一つの選択肢です。

治療料金

レーザーフェイシャル キャンデラ Gentle Max Pro Plus

ロングパルス アレキサンドラ ライトレーザー

1回 顔面全体
¥22,000
1回 ニキビに対する部分照射 両頬部
¥8,800
1回 ニキビに対する部分照射 前額
¥5,500
1回 ニキビに対する部分照射 口周囲
¥5,500

別途、再診料、投薬料等が必要です。麻酔は、必要ありません。
院長小林正弘による施術です。

シミのご予約

シミを含む診察をご希望の場合は、
「シミのご予約」より、ご予約ください。

お電話による問い合わせ

受付時間:
診察日の10:00~13:30、15:00~18:00